韓国語の母音

韓国語の母音は、基本母音字が10個、合成(二重)母音字が11個、計21個あります。

 

母音字は、

 

韓国語,ハングル,母音 縦に長い棒
韓国語,ハングル,母音 横に長い棒
韓国語,ハングル,母音 短い棒

 

この3つでできています。

 

こちらは基本母音字の10個ですが、棒がたくさんありますよね?

 

母音

 

じっくり見てみると、長い縦棒と横棒、それから短い棒、この3つで母音字は成り立っています。

 

それから、

 

・縦に長い棒は、 「ㅣ → 
・横に長い棒 は、「ㅡ → 
・短い棒は 、「

 

それぞれを象徴していますよ。

 

赤文字の4つを陽母音
それ以外を陰母音といいます。

 

それでは、まず基本母音字から見ていきましょう。

 

基本母音字

文字の書き順ですが、原則的に次のようになります。

 

韓国語,ハングル,母音 上から下へ
韓国語,ハングル,母音 左から右へ

 

よく「ㅇ」を時計回りにかく方がいらっしゃいますが、時計の反対回りに書くと見栄えの良い文字に仕上がりますよ♪

 

基本母音の発音の仕方

 

[a]
「ア」とほぼ同じ音です。

 

[ja]
「ヤ」とほぼ同じ音です。

 

[ɔ]
「ア」と「オ」のほぼ中間音です。
「オ」にならないように注意してください。

 

日本の方がもっとも苦労される発音の一つなので、はじめはきっとうまくいかないと思います。

 

そんなときは、口の形は「ア」にして、音は「オ」と出してみてください。

 

完ぺき、とまではいかないけれど、本来の音と口の形に近い状態をつくることができます。

 

この「ㅓ」が正しくできれば、韓国語の発音は見違えるようによくなりますよ。

 

[jɔ]
「ヤ」と「ヨ」のほぼ中間音です。
「ヨ」にならないように注意してください。

 

こちらも、上の「ㅓ」の場合と同じことが言えますので、参考になさってくださいね。

 

[o]
唇を丸く突き出して、「オ」と発音してください。

 

[jo]
「ヨ」とほぼ同じ音です。

 

[u]
唇を丸く突き出して、やや強く「ウ」と発音してください。

 

[ju]
「ユ」とほぼ同じ音です。

 

[ɯ]
唇の横(左右)に引いて、「ウ」と発音します。
日本語の「ウ」にならないように注意してください。

 

[i]
「イ」とほぼ同じ音です。
日本語よりもう少し唇を横に引いて発音してください。

 

日本語話者が苦手とする発音

日本人が苦手とする発音には次の3つがあります。
意識しながら発音してみてくださいね。

 

韓国語,ハングル,母音 「 オ → 、ㅗ」
韓国語,ハングル,母音 「 ヨ → 、ㅛ」 
韓国語,ハングル,母音 「 ウ → ㅜ、」 

 

とくに、太文字で書いた3つは、日本人ならどなたでも苦労する発音です。

 

たとえば「」の口の形。
唇を横に引くだけなのですが、これがなかなか難しいんですね。

 

日本語(母語)の影響が強すぎて、どうしても日本語寄りの「ウ」の形になってしまいます。

 

練習をかさねうまく発音できたつもりでいても、おそらく口の形は正しくないはずです。つい気を抜くと、また日本語の「ウ」の形になってしまうんです。

 

なので、鏡を見ながら、自分の口の形がどのようになっているか確認しながら練習をしてみてくださいね。

 

日本語の「ウ」は、韓国語の「ㅜ」と「ㅡ」の中間くらいの音です。

 

 

では続けて合成母音字を見ていきましょう。

 

合成母音は、二重母音とも、複合母音とも言います。

 

合成母音字

先ほどの基本母音を組み合わせたものです。

 

つまり、Aという母音とBという母音を合体させて、新たにCという母音を作り出しています。そのCを「合成母音字」といい、全部で11個あります。

 

合成母音の発音の仕方

 [ɛ]
「ㅏ+ㅣ=ㅐ」
「エ」とほぼ同じ音です。
日本語の「エ」より、もう少し口を大きくあけます。

 

 [jɛ]
「ㅑ+ㅣ=ㅒ」
「イェ」とほぼ同じ音です。

 

 [e]
「ㅓ+ㅣ=ㅔ」
「エ」とほぼ同じ音です。
「ㅐ」よりは、もう少し口をすぼめて「エ」と発音しましょう。

 

 [je]
「ㅕ+ㅣ=ㅖ」
「イェ」とほぼ同じ音です。
Yellowの「イェ」です。

 

 [wa]
「ㅗ+ㅓ=ㅘ」
「ワ」とほぼ同じ音です。

 

 [wɛ]
「ㅗ+ㅐ=ㅙ」
「ウェ」とほぼ同じ音です。

 

 [we]
「ㅗ+ㅣ=ㅚ」
「ウェ」とほぼ同じ音です。

 

 [wɔ]
「ㅜ+ㅓ=ㅝ」
「ウォ」とほぼ同じ音です。

 

これも日本の方にはとっても難しい発音です。元となる文字が 「ㅜ」と「ㅓ」ですから無理もありません。

 

「ㅜ」が苦手な方も多くいますし、「ㅓ」はほとんどの方ができない。その2つの文字の組み合わせなので、非常に苦労する発音ですね。

 

 [we]
「ㅜ+ㅔ=ㅞ」
「ウェ」とほぼ同じ音です。
ウェディングドレスの時の「ウェ」です。

 

 [wi]
「ㅜ+ㅣ=ㅟ」
「ウィ」とほぼ同じ音です。

 

 [ɯi]
「ㅡ+ㅣ=ㅢ」
唇を横に広げてその平らな形のまま「ウイ」と発音します。口の形はほぼ変わりません。

 

この発音もほとんどの方ができないのですが、その理由は「ㅡ」にあります。

 

基本母音のときにふれましたが、唇を横に引く形の「ㅡ」が、ついつい日本語の「ウ」になってしまう、これが原因なんですね。

 

唇を横に引くときにあまりにも力を入れると、口の回りの筋肉がぴくぴくして顔がひきつったりしますので、あまり力を入れないでくださいね。

 

力を入れずに横にすーーーっと。

 

お手元に鏡ありますか?

 

それと、割り箸でもペーンでもいいので、口にくわえてみてください。くわえたら、今度はそれをすっと抜いてみてください。

 

その状態で鏡を見てみてください。その形が「ㅡ」です。

 

イーーーーっておもいっきり力を入れなくても、出来そうですよね?

 

鏡と割り箸を用意して、練習してみてくださいね。

 

合成母音の発音のポイント

似たような音がたくさんありましたね。

 

とくに、 ㅚ ㅙ ㅞ の3つは区分しにくいですよね。

 

でも、そんなに気にしなくてもいいんですよ。

 

私たちネイティブでも、もしこの音を1個ずつ単発で聞いたとしたら、どれくらいの人が全問正解できるんでしょうね。 アナウンサーでもない限りむずかしいと思います。

 

しかしそれが1個ずつの文字ではなく、意味を持ったひとつのかたまり「単語」として発せられると、間違える人はとたんにいなくなります。

 

それはどうしてかというと、その単語の正しいつづりを知っているからなんです。

 

単語ベースで練習をしてみると、この「ㅚ ㅙ ㅞ 」3つの音と口の形が微妙に異っていることがよくわかるようになります。

 

ポイントとしては(合成母音に限らず、韓国語全般において)、

 

  • 単語の正しいつづり
  • 1個ずつの発音
  • 単語として実際に発音されるときの音(発音ルールの習得)

 

この3拍子がそろってはじめて、正しい韓国語の読み書きと、正しい発音ができるようになります。

 

これはとっても大事なことなんです。

 

韓国語を学んでいますと、かならずぶつかる壁がひとつあります。それは、

 

韓国語が聞き取れない
聞いて意味は分かるけど正しく書けない

 

といった問題。

 

そんなときは、この3つのポイントをぜひ思い出してください。悩みはきっと解決しますよ。

 

というようなことから考えますと、

 

会話だけ
読むだけ
聞くだけ

 

これでは、韓国語はなかなか上達しないということなんですね。

 

でもたとえば、はじめは「会話」だけとか、「読む」だけとか、それでもいいんです。

 

その結果、会話がすこしうまくなったり、読み書きが得意になったり、すると思うんですね。

 

だけど、そればかりしていると、そこ止まりになってしまう可能性が大きいんです。

 

なにしろ韓国語って、実際のつづりと発音があまりにも異なるので。

 

思うように伸びないので途中でいらいらする場面もあろうかと思いますが、、、急げば回れと、「聞く・話す・読む・書く」の練習をできるだけ平行に行うことをおすすめしたいと思います。

 

 

では、次は子音について見てみましょう。

 

>>韓国語の子音字はコチラ